2010年01月21日

地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)

 環境省は19日、生物多様性の保全活動を進めるため「地球生きもの委員会」を25日に設立すると発表した。今年が国連が定める国際生物多様性年であり、10月に名古屋市で生物多様性条約締約国会議(COP10)が開かれることから、記念行事などを通じて国民に生物多様性への取り組みを促す。

 メンバーは岩槻邦男・東大名誉教授や山岸哲・山階鳥類研究所長や歌手で国際自然保護連合(IUCN)親善大使のイルカさんのほか、日本経済団体連合会や経済同友会、日本商工会議所など経済界からも参加する。

 25日には、委員会設立にあわせ新たに「地球いきもの応援団」のメンバーになる歌手の土屋アンナさんや女優の中嶋朋子さんらが出席、自らが生物を守るために何をするかを宣言する予定だ。

【関連記事】
生物多様性 「50年までに現状以上へ」 COP10 日本案を提出
イノシシ捕獲5000頭超 栃木県保護管理計画素案 県民の意見募集
天然記念物シマフクロウを守れ 「国際生物多様性年」スタート
ツシマヤマネコを保護 対馬・下島で数十年ぶり
「ジュゴンの生息環境を破壊」 米環境団体が普天間移設撤回を要求

11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信)
日米安保 米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)
対北制裁解除「認めず」 日韓外相が一致(産経新聞)
郵便局で500万奪い逃走=局員に刃物突き付け−東京・江戸川(時事通信)
ネカフェ難民がネットで詐欺(スポーツ報知)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方都市の震災対策を検討=孤立集落や生活再建が課題−中央防災会議(時事通信)

 政府は15日、中央防災会議(会長・鳩山由紀夫首相)を開き、地方都市で近年大きな被害を出した地震災害を分析して対策の強化を検討する専門調査会の設置を決めた。委員の人選を進め、年度内にも第1回会合を開く。2011年夏ごろをめどに報告書をまとめ、被災経験のない自治体の防災対策に活用してもらう考えだ。
 これまで首都直下や東海地震など個別地域を想定した調査は実施しているが、政令市から中山間地域まで幅広く含めた「地方都市」の地震災害を対象とするのは初めて。近年は、新潟県中越(04年)や岩手・宮城内陸(08年)など大規模な地震が相次いだため、被災経験から得られた教訓や課題を整理する必要があると判断した。
 調査会では、▽孤立集落との情報伝達手段の確保▽高齢者が多い避難生活での健康管理▽長期避難生活後のコミュニティー再建▽震災廃棄物への対応−などが検討される見通しだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

賃上げ「月額1万円以上」全労連が春闘方針案(読売新聞)
<雑記帳>「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
小沢氏が潔白説明…「私も信じる」鳩山首相(読売新聞)
<国交省>固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で(毎日新聞)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)

 長崎県知事選(2月4日告示、同21日投開票)への立候補を表明しているプロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(52)が17日、資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で東京地検特捜部と全面対決の姿勢をあらわにした民主党の小沢一郎幹事長(67)に対し、疑惑に関する説明責任を求め嘆願書を渡そうと突撃したが、あえなく失敗に終わった。

 民主党長崎県連のパーティーに訪れた小沢氏を狙い、会場となった長崎市内のホテルへ意気揚々と乗り込んだ大仁田氏。元秘書らの逮捕で揺れる中、厳戒態勢を突き破る“邪道突撃”に、党関係者も警備の警察官も驚くやらあきれ笑いを浮かべるやら。

 受付でいきなりつまずいた。小沢氏との面会をあっさり拒絶されると「渡してくださいよ」と嘆願書を差し出したが、県連関係者は受け取りを拒否。その後に対応した陣内八郎県議(60)と約10分間の押し問答。

 大仁田「何で断る理由があるんですか」

 陣内県議「この場に持ってこられる必要ないでしょ。趣旨が違う」

 大仁田「趣旨って、ここに(小沢氏が)来られてるわけですから」

 結局、県連本部に持ってきてほしいという陣内県議の要求に大仁田氏が折れ、引き下がった。

 報道陣に囲まれた大仁田氏は「本気で直談判したかった。説明責任を果たしてもらいたい」と強調。「誰かが言わなければ。(小沢氏の)SPの人だってちゃんと説明してほしいと思ってるよ」と自らの行動を正当化した。手には渡し損ねた嘆願書が握られていたが「近日中に持って行く。今日? どぶ板(あいさつ回り)で忙しい」と、足早に立ち去った。

 【関連記事】
小沢幹事長「お騒がせして大変恐縮」
鳩山首相が釈明 「検察批判でない」…小沢氏に「戦ってください」と発言
小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」
土地購入は相続した資金なのか裏金なのか…小沢幹事長元秘書ら逮捕

ガールズバーで中2バイト「稼いで大麻買った」(読売新聞)
<ロケット花火>誤って着火、知人男性やけど 名古屋(毎日新聞)
坂本龍馬 妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)
<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)
ハイチ大地震 緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 05:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。