2010年01月18日

インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)

 4日から10日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.18人で、6週連続で減少したことが15日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約59万人で、昨夏以降の累積は推計約1875万人。
 検出されるウイルスは依然ほとんどが新型の状況が続いている。 

【関連ニュース】
インフル患者、減少続く=休暇の影響も
インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も

「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)
<子ども手当>年3回分割支給、市町村に申請必要 法案概要(毎日新聞)
フィッシング詐欺グループ逮捕 被害総額3500万円か 静岡(産経新聞)
警察官の顔に2回平手打ちした新成人逮捕…高松市(スポーツ報知)
<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。