2010年01月21日

地方都市の震災対策を検討=孤立集落や生活再建が課題−中央防災会議(時事通信)

 政府は15日、中央防災会議(会長・鳩山由紀夫首相)を開き、地方都市で近年大きな被害を出した地震災害を分析して対策の強化を検討する専門調査会の設置を決めた。委員の人選を進め、年度内にも第1回会合を開く。2011年夏ごろをめどに報告書をまとめ、被災経験のない自治体の防災対策に活用してもらう考えだ。
 これまで首都直下や東海地震など個別地域を想定した調査は実施しているが、政令市から中山間地域まで幅広く含めた「地方都市」の地震災害を対象とするのは初めて。近年は、新潟県中越(04年)や岩手・宮城内陸(08年)など大規模な地震が相次いだため、被災経験から得られた教訓や課題を整理する必要があると判断した。
 調査会では、▽孤立集落との情報伝達手段の確保▽高齢者が多い避難生活での健康管理▽長期避難生活後のコミュニティー再建▽震災廃棄物への対応−などが検討される見通しだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

賃上げ「月額1万円以上」全労連が春闘方針案(読売新聞)
<雑記帳>「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
小沢氏が潔白説明…「私も信じる」鳩山首相(読売新聞)
<国交省>固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で(毎日新聞)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。