2010年03月31日

中国で「グーグル離れ」相次ぐ ネット業者、検索機能排除も(産経新聞)

 【上海=河崎真澄】中国や香港の通信ネットワーク業者の間で、自社のサービスに組み込んだ米グーグルの技術や検索機能を排除する動きが広がっている。

 25日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、中国の通信大手、中国聯通(チャイナユニコム)が、新型の携帯端末に搭載予定だったグーグル製の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の利用を見送ると報じた。同社は「われわれは中国の法律を順守する企業と仕事をしたい。グーグルとは当面、かかわりをもたない」としている。

 また、香港からの報道によると、中国本土向けにサービスを提供している香港の有力ポータル(玄関)サイトTOMは、自社サイト内に置いていたグーグルの検索機能を取り除いた。

 TOMは華僑社会で最も成功した人物として知られる香港の李嘉誠氏が率いる長江実業傘下の企業。李氏は中国共産党の指導者層や中国当局と親しい関係にある。香港メディアはTOMが中国に対する政治的配慮からグーグルとの関係を断ったとの見方を伝えた。

 中国や香港で今後、中国当局を敵に回したくない企業などによる「グーグル離れ現象」も懸念される。

【関連記事】
グーグルが中国政府の「抑圧」実態を証言
中国の携帯端末で「グーグル外し」 英紙報道 
ネット検閲は「貿易障壁」 グーグル創業者、英紙に
グーグル撤退、約9割が賛成 中国のネット利用者
香港経由の検索サービス、本土から利用困難に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

批判に小沢氏イラッ 閣僚へ矛先 「国務に専念していればいい」(産経新聞)
<人事>農林水産省(毎日新聞)
こんな時期に?首相、夫人とプライベート旅行(読売新聞)
ネイルサロンにも管理ガイドライン 厚労省(産経新聞)
子ども手当法が成立 (産経新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。