2010年06月11日

新内閣、色濃い「論功行賞」…脱小沢も鮮明に(読売新聞)

 8日夜に発足する菅内閣は、民主党の小沢一郎前幹事長の影響力排除を目指した陣容となった。

 初入閣となる5人のうち、野田佳彦財務副大臣、蓮舫参院議員、玄葉光一郎衆院財務金融委員長の3氏は、いずれも、小沢氏が代表や幹事長時代に独断的な党運営を行ってきたなどとして、小沢氏に対し、批判的な立場を取ってきた。官房長官に横滑りする仙谷国家戦略相、再任予定の岡田外相、前原国土交通相の3氏も、「反小沢」の急先鋒(せんぽう)として知られる。

 財務相に昇格する野田氏は8日朝、地元の千葉県船橋市内で記者団に「しっかり菅さんを支える体制を築き、国民世論にきちんと応えていく、仕事のできる政府をつくる」と抱負を語った。

 組閣人事は「論功行賞」の色合いも濃い。野田、蓮舫、玄葉3氏に加え、官房副長官となる福山哲郎外務副大臣は、民主党代表選で菅氏の推薦人に名を連ねていた。国家戦略相への起用が固まっている荒井聰衆院議員は、菅氏を支えてきた側近議員だ。

 民主党の細野豪志幹事長代理は8日のテレビ朝日の番組で、「権力を持った時に行使できるのが人事だ。菅新首相が権力を持ったわけだから、やりやすい人事を断行するのは当然だ。小沢氏も、権力というものを知っているだけに、そう考えていると思う」と語った。

 党内では「新政権では、内閣も党も『脱小沢』を鮮明にしている。『挙党一致』とはとても言えない」(党関係者)との見方もある。

 夏の参院選を間近に控えていることもあり、新内閣では11閣僚が再任となる見通しだ。菅氏の側近議員は「内閣に安定感が出て、いい顔ぶれだ」と自賛しているが、中堅議員の間には、参院選後の抜本的な内閣改造で処遇を求める声もくすぶっている。

「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
有料老人ホームなども検討へ−介護職員の医療行為(医療介護CBニュース)
<転落>パワーショベル運転の男性死亡 兵庫でビル解体中(毎日新聞)
「俺」「鬱」など196字OK 改定常用漢字表を答申(産経新聞)
「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

【新・関西笑談】サッカーに乾杯(2)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)

 ■勝負にこだわり熱中した子供時代 Jリーグ発足しプロを意識。

 −−サッカー始めたきっかけは何だったのですか

 西澤 何でなんだろうなあ。出身が静岡の清水というサッカーどころで、環境的なものもあったと思います。ガキの頃から絵に描いたような(ドラえもんの)“ジャイアン”的な存在で、気がついたときにはサッカー部に入っていました。小学校に入ってクラスや学年のやんちゃな方の仲間、友達がサッカー部に先に入り、「じゃ、俺も入ろうかな」という流れだったと思うんですけど。

 −−サッカーがうまいと尊敬されたのでは

 西澤 まあ、えらいというわけではないが、クラスの中心には、いられた。足もそこそこ速い方だし、身体もまあまあ大きい方だったですしね。

 −−小さいころからFWだったのですか

 西澤 昔はポジションなんてあってないようなものでしたから。でも、ボールのところに常にいました。得点も取ってましたね。

 −−サッカーにのめりこむようになった理由は

 西澤 試合をやって勝ったら嬉しいし、負けたら泣くぐらい悔しくて。その辺ですかね。(負けん気が強かった?)そうじゃないですかね。

 −−子供の頃から将来はプロに、と思っていたのですか

 西澤 思ってましたよ、海外に行ってでもプロになるって、サッカー始めたときから。当時はJリーグはなかったのですが、テレビで「(三菱)ダイヤモンドサッカー」という番組があって、(ドイツの)ブンデスリーグとかやっていたのを見ていました。それで、「サッカーのプロになるには、ドイツ行かなきゃいけねぇんだ」って。

 −−憧れの選手はいましたか

 西澤 いやー、いなかったですね、当時は。もう少し年をいかないと。そんなにサッカー自体もよくわからなかったし、ただ「プロになりてぇ」と思っただけで。

 −−実際にプロになることを意識したのは

 西澤 やはりJリーグができたときですね。僕が高校1年のとき。それまでは進学も考えていたが、プロの世界でやりたいと。

 −−選んだのは、地元の清水ではなく、セレッソ大阪(C大阪)だった

 西澤 何チームか、お話はいただいたのですが、いろいろなことがあり、大阪という町で頑張ってみようと。同じタイミングで、セレッソがJリーグに上がった年でもあったし、タイミングも良かった。すごく熱心に誘っていただいたというのもありましたね。それにモリシ(森島寛晃さん=静岡・東海大一高出身、現C大阪アンバサダー)とか、静岡で僕が高校サッカーを見ていた世代の選手がいて何か親近感がわいたというのもありました。

 −−不安は

 西澤 全くなかったことはないですけど、期待というか、自信もありました。でも、すぐにへし折られました。(聞き手 月僧正弥)

【関連記事】
日本代表戦「見たい」過半数割れ 龍馬、カズ投入でてこ入れ
W杯どんな辛口? ロマリオ様のツイッタ−で読もう
日本、U−19も決勝で韓国に敗れる
フェー氏がハンブルガーSVの監督に就任
チアガール丸高愛実ら、本田圭佑にエール
虐待が子供に与える「傷」とは?

京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
天皇陛下が田植え(時事通信)
PCI元社長の無罪確定へ=検察側上告を断念―東京高検(時事通信)
<口蹄疫>家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
ガールズバーで資金稼ぎ…女子中生が陥った“負の大麻スパイラル”(産経新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

「子供じゃないから分かるだろ」女性乱暴の組長逮捕(産経新聞)

 女性に入れ墨を見せて脅し、乱暴したなどとして、警視庁池袋署は強姦の疑いで指定暴力団山口組系組長、舛谷康之容疑者(62)=埼玉県越谷市=を逮捕した。同署によると、舛谷容疑者は「同意の上だった」と容疑を否認している。

 同署の調べによると、舛谷容疑者は平成21年11月下旬、飲食店で知り合った20代の女性を「お前も子供じゃないから分かるだろ」と脅迫。豊島区内のホテルに連れ込み、室内でも入れ墨を見せるなどして脅し、乱暴した疑いが持たれている。

【関連記事】
強盗強姦の被告、裁判員裁判で23年判決 横浜地裁
強姦容疑DNA一致、時効半年前に31歳を逮捕
障害者女性に乱暴容疑で生活支援員の男を逮捕 千葉県警
「モデル面接」の20歳女性に乱暴の容疑で芸能プロ経営の男逮捕
カラオケ女性の部屋に侵入、強姦未遂容疑で男逮捕

たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)
牛舎消毒作業中100キロのわら束落下、重傷(読売新聞)
ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
<不同意堕胎>薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院(毎日新聞)
自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。