2010年03月23日

<雑記帳>ランドセル菓子に注文相次ぐ 京都のホテル(毎日新聞)

 小学校入学の記念にと、京都市上京区の京都ブライトンホテルが今月、ランドセルをかたどったチョコレート菓子を発売したところ、約50件の注文が相次ぐ人気だ。

 サイズは縦7センチ、横9センチ、高さ11センチで、赤と青の2種類がある。付録に鉛筆形のチョコが付いて5250円。7日前までに予約(075・441・4411)が必要という。

 パティシエは表面の縫い目まで細かく再現しているが、かぶせを開けても教科書やノートは入っていない。その代わり、愛情を込めたシュークリームやケーキがぎっしり。【望月亮一】

【関連ニュース】
都議会:性描写規制の条例改正案で3会派が継続審議で合意
洋菓子:東京のペア優勝 仏コンクール
ブログ:バレンタイン商戦に一役 職人とオリジナル菓子作り
洋菓子作り大会:東京のペア優勝−−パリで開催
時代を駆ける:辻口博啓/1 和菓子店の小3息子、ケーキ食べ衝撃

<脅迫容疑>部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕(毎日新聞)
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年−群馬(時事通信)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって(産経新聞)
<強風>関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

シー・シェパードの元船長逮捕へ、監視船侵入で(読売新聞)

 日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に反捕鯨団体シー・シェパードの活動家が侵入した問題で、海上保安庁は同船で身柄を確保している活動家について、艦船侵入容疑で逮捕する方針を固めた。

 活動家は、シー・シェパードの小型高速船「アディ・ギル(AG)号」のニュージーランド人の元船長で、AG号は今年1月、第2昭南丸と衝突し大破した。

 元船長は先月、水上バイクで第2昭南丸に近づき、侵入防止用の網をナイフで切って船内に侵入した。

 捜査関係者によると、元船長はこれ以前に、ボートに乗り込んで第2昭南丸に近づき、酪酸入りの瓶を投げつけたことも認めており、海上保安庁では一連の調査捕鯨妨害についても調べる方針。同船は東京港に今月12日頃に到着する予定で、上陸し次第、逮捕する。

<参院選>比例に前田氏、愛知県連「寝耳に水」民主1次公認(毎日新聞)
<キャメロン監督>原爆「映画化の意思変わらず」(毎日新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足−京大(時事通信)
首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ(産経新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

赤ちゃんは「先生」 中高で広がるふれあい活動(産経新聞)

 中学生や高校生が乳幼児をあやしたり抱っこするといった「ふれあい活動」によって子供の情操をはぐくもうとする動きが広がっている。学習指導要領でも高校、中学の家庭科で、ふれあいの実践が近年の改定で盛り込まれてきた。学校の関係者は「乳幼児に触れることでやさしさが引き出されたり、自分が赤ちゃんのときに大切にされていたことに気づく生徒もいる」と“効果”について話している。(鵜野光博)

 「かわいーい」

 トコトコと歩く1歳児の後を、女子生徒がうれしそうに追いかける。2月中旬、東京都品川区の区立大崎中の体育館で行われた「ふれあい授業」。1年生約80人と地元の児童センターの親子クラブに通う0〜1歳児の母子19組が参加した。

 「まだ動けないし、寝返りもできないんだよ」。母親から話を聞いた後、男子生徒は乳児を抱っこするようすすめられ、恐る恐る手を伸ばした。昨年7月にも同じクラブの乳幼児たちと交流授業を行っており、田村舞さん(13)は「前は寝ていた赤ちゃんが歩いていて、すごく成長しているのがわかった」と目を見張った。

 同校がふれあい授業を始めたのは昨年度から。浅田和伸校長は「少子化で赤ちゃんに触れる機会がない子供には貴重な体験」とし、「ふだんはやんちゃな生徒が赤ちゃんに上手に接したり、子供の隠れた面に気づくこともある」と話す。

 乳幼児とのふれあい活動は、平成10〜11年の学習指導要領改定で小中学校と高校の「特別活動」と、高校の「家庭科」に盛り込まれた。20年の改定では年齢を下げ、中学の家庭科にも登場した。また、「道徳」でも、20年1月に中央教育審議会が指導要領改善に向けて出した答申では「子どもの道徳性の育成に資する体験活動や実践活動」として「幼児等と触れ合う体験」が例示されており、道徳の指導要領解説書で取り上げられている。

 ふれあい活動を行う公立小中学校が全体の6割を超えた埼玉県。県教委委員長を務める音楽家の松居和(かず)氏は、10年以上前から子供が乳幼児とふれあう意義を主張してきた。

 松居氏はふれあい活動について「母親から赤ちゃんを抱かされた中学生たちの表情がいい。同級生がお互いに顔を見合ったり、男子生徒が意外に幼児に好かれるのを女子生徒がうれしそうに眺めていたりする」とその様子を語り、「幼児がいると、やさしさが引き出されるのと同時に、お互いが『いい人間』であることを確認しあう光景が必ずあらわれる。これは人間社会の信頼の基盤でもあり、幼児を通じて生徒同士の間に信頼関係ときずなが広がることが、子供の『生きる力』にもつながるのではないか」と話す。

 また、前出の浅田校長は母子を迎えて授業を行うことについて「地域の人に学校の様子を見てもらえるという側面もあり、学校への理解と協力を得ることにもつながる」と話している。

【関連記事】
卒業しても「学舎の味」 前橋市が給食人気16品レシピ、中3生に配布へ
高校生の留学、2割近く減少 不況の影響か
携帯電話で学力低下、教育現場での功罪
都立高90%以上に「裏サイト」存在
給食の挑戦 現代っ子「食べ残しゼロ」への課題と対策は

JR東海道線 尼崎駅構内で信号故障 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
松田元科学担当相が離党届(産経新聞)
<北教組事件>「逮捕者は遺憾」文科相(毎日新聞)
キャバ嬢の基礎控除、出勤してない日も… 最高裁が審理を差し戻し(産経新聞)
<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
posted by タケヤマ ショウゾウ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。